登場人物 2

第1話の紹介と重複している情報は省いております。


雪車町 想夜(そりまち そうや)


 本作品の主人公。
 妖精界からやってきた13歳の女の子。
 フェアリーフォースに所属するエーテルバランサー
 ハイヤースペックを発動すると、両性具有の存在となる。
 前回、フェアリーフォースへの不信感を持った想夜は、ついにフェアリーフォースの目論見を見抜くことになる。
想夜がフェアリーフォースに向けてとる行動とは?


咲羅真 御殿(さくらま ことの)


 黒髪ロングストレートで長身。
 10代後半から20歳くらいの女性に見える少年???
 女性よりもスタイルがよく、男を立て、炊事洗濯掃除を申し分なくこなすため、男が放っておかない。よって一部の女子から警戒されている。
 意識不明事件の依頼の傍ら、愛妃家学園の護衛も任されている。
 事件を追ってゆくうち、シュベスタ研究所が関与しているという事実にたどり着いた。
 数年前に閉ざしてしまった過去と向かい合うことになる。


焔衣 狐姫(ほむらい こひめ)


 御殿の相方。
 マグマを操る狐の妖獣。
 ツッコミ役に重宝されている。
 ガサツな口調だが、人一倍繊細な部分があり、人情深くて努力家。
 御殿に炊事洗濯掃除をレクチャーしてもらってはいるが、ウップンが溜まっているので御殿に対する八つ当たりが強く、罰ゲームは御殿だけ酷い扱いにしている。
 今回は背中の傷がなかなか治らないので参っている。
 想夜とはJC同士気が合うが、相手からのスキンシップが過剰なために警戒している。


愛宮 叶子(まみや かなこ)


 MAMIYAグループの末裔。
 華生からハイヤースペックを継承しているハイヤースペクターであるため、能力を発動すると両性具有になる。
 前回の事件より、想夜たちの心強い味方となる。
 戦闘中、ピンチに陥ると何故かテンションがあがる。
 パーティーのふるまいに至っては鬼のように厳しく、想夜と狐姫の尻をムチで何度も叩くことに。
 今回の事件で、亡き祖父が抱いていたMAMIYAの信念を貫くことができた。

趣味華生を愛でること、静かな場所で過ごすこと、読書
好きなもの華生
格闘術ソニックランニング(忍のような素早い動きとジャンプ力)
ハイヤースペックネイキッドブレイド(カッター状の2本のブレイド、二刀流)
フェアリーテイル鋼鉄の魔人


真菓龍 華生(まかろん けいき)


 数年前にディルファーのデータを持って妖精界からやってきた赤帽子の少女。
 現在は愛宮邸の従業員としてメイド服姿で仕事に励んでいる。
 ワイズナーを製作している真菓龍社の令嬢。
 華生の言葉は権限を持ち、使い方次第では妖精界の未来を左右することがある。
 逃亡者の罪をかぶせられ、追われる身に。
 叶子にハイヤースペックを継承させており、能力を発動すると両性具有になる。

好きなもの叶子様、お菓子、仕事
ハイヤースペックネイキッドブレイド
格闘術ソニックランニング
フェアリーテイル鋼鉄の魔人


小安(こやす)


 愛宮邸のボディーガードリーダー。
 元軍人であり、傭兵から愛宮の仕事にたどり着いた銀髪にメガネ姿の男。
 長身で筋肉のつきもよく、戦闘に関してはあらゆる技術に長けており、部下のフォローもでき、迅速かつ正確に任務を遂行する。そのため、部下からの人望も篤い。
 2話の冒頭で御殿の失態を過剰に叱責するシーンがあり、仕事に対する厳しさを見せつけた。
 MAMIYAには恩義があり、忠誠を誓っている。
 酷い妄想癖の持ち主で、ほとんど変質者ではないかと思われるほどに重症。
 想夜を子供扱いするどころか、セクハラ全開で接してくる失礼な部分もある。
 毎日なぜか黒髪ロングの女の夢にうなされ続け、想夜、狐姫、叶子、華生に良く似た子供たちに囲まれている(もちろんただの夢)。

趣味静かな場所で酒を飲むこと、車
好きなもの支えてくれる女性
特技格闘技全般、銃器の使用
苦手なもの「俺の心をかき乱す女」、臆病さが滲み出るような装備
使用武器一通り使いこなす
身長184cm
体重78kg
胸板あつい
腹筋すごい
ケツやばい


京極 麗蘭(きょうごく れいら)


 フェアリーフォースの隊長を務める少女であり、メイヴの部下。
 栗色の長いツインテールにミニスカート、ロングブーツを着用。
 若年ながら面倒見がよいものの、威圧的な部分があり、才能がないものを容赦なく切り捨てる厳しさもある。本人はそれを優しさだと考えている。
 入隊したばかりの想夜たちに体術を教えていた。想夜のバックナックルなどは京極流である。
 頭に血が上ると手がつけられず暴言も吐き、大男ですら殴り飛ばすため、周囲を怯えさせることもしばしば。
 それらの行動もあってか、乱暴で冷たいヤツだと勘違いされることが多い。
 行動とは裏腹に、とても押しに弱い一面がある。
 陰では部下の心配ばかりしており、けっこう過保護な存在。
 陰では炊事洗濯掃除が上達するように努力を欠かさない。
 陰では可愛いものや甘いものに目を奪われる日々を送っている。
 ハイヤースペックを使用できるため、能力を発動すると両性具有になる。

趣味不明
好きなもの動物、ぬいぐるみ、甘いもの
特技格闘、お菓子作り
苦手なものボットのようなマニュアル人、システムに頼りっぱなしの世界、甘ったれ
使用武器妖精界可動変形兵器・フェアリーフェイスワイズナー零式
格闘術剣術、打撃系、サブミッション系
ハイヤースペック不明
身長167cm
体重5?kg
スリーサイズB85 W58 H86


湖南鳩 冥舞(こなはと めいう゛)


 妖精界の女王。
 人間界ではMAMIYA研究所に勤めていたが、数年前に消息を絶った。
 鈴道の死について何かを知っているらしい。
 エーテルボットの作成に入れ込んでおり、完成に躍起になっている。
 向かってくるものを粉々に破壊したがるサディスト。
 彩乃の頭脳を欲しがっており、妖精界に引き込む考えもある。
 ハイヤースペックを発動すると両性具有になる。

趣味研究、酒、強者も弱者も跪かせること
好きなもの頭脳明晰な者、想定外のこと
特技研究、制圧
苦手なもの欲しくても手に入らないもの
格闘術レーザー、ブラスター
格闘術剣術、打撃系、サブミッション系
ハイヤースペック闇霧あんむのカーテン(座標修正、空間操作)
身長(成形態)180cm以上
身長(幼形態)135cmくらい
 

九条 宗盛(くじょう むねもり)


 愛宮邸の執事長。白髪で面持ちと会話が穏やか。長年、MAMIYAグループに努めており、かなりの実権を持っている。
 人間界において、華生の父親代わりである。
 意識不明事件の究明を続けていくうちに真相にたどり着くが、銃撃されてしまう。


水無月 彩乃(みなづき あやの)


 MAMIYA研究所勤務。水無月班主任。30代の女性。
 水無月チームの代表を務める女性。研究や論文では世界的に有名。
 あるプロジェクトからシュベスタとの過去を持つ。
 御殿のことを執拗に気にかけているが、その真相は?


古賀 沙々良(こが ささら)


 MAMIYA研究所に勤める女性社員。26歳。
 彩乃のチームでサブリーダーを努めている。見かけによらず頭脳明晰。
 最近になって、丼物の論文を書こうと思っている。


鹿山 詩織(かやま しおり)


 MAMIYA研究所に勤める若手研究員。24歳。
 学生時代からMAMIYA研究所でバイトをしている研究員。
 彩乃の教え子であり、よく懐いていた。
 最近、不可解な行動が目立っている


ラテリア(らてりあ)


 エーテルリバティを華生に渡すために、妖精界からやってきた赤帽子の子供。
 フェアリーフォースの追手から逃れるように人間界へやってきたが、路頭に迷っていた。
 行き場所を無くしたラテリアは、MAMIYAの研究員に保護してもらう。
 研究員の身を守るため、研究員にハイヤースペックを継承させる。
 そんな研究員にも魔の手が押し寄せていた。

ハイヤースペックネイル・ブレイド(鉄の爪のような強靭な爪)
身長145cm


鴨原 稔(かもはら みのる)


 元MAMIYA研究所副所長であり、厚生省の議員。
 仕事がら各医療施設、ならびに研究機関への出入りが多い。
 1話の冒頭で御殿のほうを見ていたようだが、パーティー会場でも御殿に意味深な発言を残して去っていった。
 学生時代はプログラマーのバイトをしており、MAMIYA研究所ではシャツに短パンで顕微鏡と格闘していた過去がある。
 元は彩乃の上司でもあった。

地名・場所

妖精界(ようせいかい)

 フェアリーランド。
 想夜と華生の出身界。
 事実上、フェアリーフォースが世界を仕切っている。
 魔界との癒着が発覚し、想夜を困惑させる元凶に。
 今回の件で、フェアリーフォースの存在意義と目論見が徐々に明らかになる。
 

人間界(にんげんかい)

 今あなたがいる世界であり、虎牙がいる世界。
 両性具有という概念が珍しいとされる世界。
 政府をはじめとするバイオパワーに取り込まれた人々の監視の目が酷く、人間たちは生活ひとつひとつを徹底的に管理されている。
 また、ほとんどの者が洗脳状態にあり、変わったことをする人間を徹底的に淘汰するよう教育されている。
 スーツとネクタイを着用しないものは確実に淘汰される。そのことを鴨原は吐き気をもよおすほどに嫌っていた。

MAMIYAグループ(まみやぐるーぷ)

 薬品・医療研究、病院・学校経営、あらゆる分野で活躍しているモンスター企業。
 創設者は愛宮鈴道。
 巨大企業ということもあり、味方も敵も多い。

シュベスタ(しゅべすた)

 MAMIYAから離脱した者たちがいる研究所。
 妖精実験をはじめ、エーテルポットの作成などの研究を行っている。
 一時期、彩乃も在籍していた。

晴湘市(せいしょうし)

 2年半前、大火災によって消滅した街。
 海と山に囲まれた綺麗な場所だったが、現在は立ち入り禁止区域とされている。
 

ダイニングキッチン(だいにんぐきっちん)

 リーズナブルなお値段で料理を提供してくれるレストラン。食堂とも呼ぶ。
 晴湘市の海の近くに一軒のダイニングがあった。

語録

要請実行委員会(ようせいじっこういいんかい)

 現在は想夜ひとりだけの部活。
 生徒だけでなく、いろんな人達のお手伝いをする部活。つまるところの便利屋。
 エーテルバランサーとして活動中は妖精実行委員会になる、らしい。

ハイヤースペック(はいやーすぺっく)

 妖精が所有する高次の異能。継承された人間はハイヤースペクターと呼ばれ、より驚異的なハイヤースペックを発動させることができる兵器となる。
 フェアリーティルと呼ばれるオーバークロック化で能力を爆発的に引き上げることができるが、その後の対処が困難。
 ハイヤースペックを発動すると妖精、ハイヤースペクター共に両性具有となる。

フェアリーフォース(ふぇありーふぉーす)

 妖精界にある黒くて巨大なビルに本部を置く組織。
 想夜、メイヴ、京極麗蘭などが在籍している。
 シュベスタとの癒着があり、高度な技術をもった陣の作成もできる。
 時空転送で戦艦を人間界に送り込むこともできる。
 長年にわたって実行されてきた計画を想夜に見抜かれ、アリの巣をかき回された状態に陥る。

ハイヤーセルフ(はいやーせるふ)

 一つの命が持つ強力なバックアップ。
 今までの輪廻転生を繰り返してきた知識の集合体であり、あなたの絶対的な味方。
 ピンチの時に心を研ぎ澄ますと、その囁きが聞こえてくることがあり、ハイヤーセルフが出す答えは100%絶対に正解である。
 いつでも、どんなときでも、あなたとともにある叡智。

赤帽子(あかぼうし)

 別名レッドキャップ。残忍な性格であり、人々を長い爪で切り刻む妖精。
 中には温厚な性格の者もおり、華生、ラテリアはそれにあたる。
 妖精界で殺し屋として生活している赤帽子の軍団をメイヴが人間界に召還させる。
 想夜たちに多勢で戦闘をしかけてくる。
 

妖精兵器 ディルファー(ようせいへいき でぃるふぁー)

 妖精界を混沌に変えた最狂のゴブリン。
 ディルファーのデータにより、いろんな技術を使って人類を平和に導くことができる。それに一役買っているのが彩乃。
 人間界に逃亡したとのことだったが……?
 

ザッパー(ざっぱー)

 風の妖精シルフィードの力を用いて放つ長距離攻撃。かまいたちのような風圧で敵を切り刻むことが可能。
 隙が大きく、ホワイトスキルではあるが乱用は死への近道である。
 

ブラスター(ぶらすたー)

 距離という概念がない攻撃。ブラックスキルに指定されている。
 離れたところから敵にダメージを与えることができる。また、直に皮膚に触れて体内まで貫通させる打撃を与えることができる。
 ザッパーを上回るほどの威力があるが、異常に体力を消耗するので、一日一発が限界か?
 ハイヤースペックの接続に失敗した御殿が一度だけ撃った時は、大型戦車一台を天井まで簡単に吹き飛ばした。
 メイヴはいろいろおかしい方なので、でたらめレベルに連発することができる。

ホワイトスキル(ほわいとすきる)

 政府公認のスキル。妖精が通常使用するハイヤースペックやザッパーなどがこれにあたる。
 誤った使い方をしなければ、命に関ることがないという保障がされている。
 

ブラックスキル(ぶらっくすきる)

 政府非公認のスキル。使用が認められておらず、強力なものが多い。
 フェアリーテイル、ブラスターなどがこれにあたる。
 また、ホワイトスキルだけでは満足がいかない猛者たちが好き好んで使用する技であり、命の保障はない。
 

パノプティコン(ぱのぷてぃこん)

 収容施設。
 中央に監視塔があり、360度どこでも見渡せる。
 塔から距離を置いて、グルリと円を描くように牢獄が作られており、この牢獄の中からは監視塔の様子を見ることができない。よって囚人達は「いつでも監視されている」という妄想にかられてしまう。
 人間界の監視カメラの群れは一種のパノプティコンの作りであり、パノプティコン社会などと呼ばれている。
 また、ネットなども監視の目に一役かっているので、いつ、どこで盗撮されてネット上にアップされるか分からない。人間自体が監視カメラとなっている。
 作品中の牢獄迷路は、このパノプティコンをマネて作られている。

バイオパワー(ばいおぱわー)

 実際には監視されていなくても「監視されている」という思い込みから常にビクビクと周囲を警戒すること。
 囚人たちにバイオパワーを植え付けておくと、監視されているから逃げられないという妄想で擬似拘束をすることができる。
 作品中の牢獄迷路での囚人達は、これによって逃げようとしなかった。
 また、このシステムを利用した牢獄がパノプティコンである。
 フェアリーフォースはこの力を用いて、長年、妖精界の暴君のためにエーテルバランサー達を洗脳してきた。

アイテム

エーテルポット(えーてるぽっと)

 エーテルを蓄積しておくための巨大バッテリー装置。
 吸集の儀式から搾取したエーテルをエーテルポットに転送することで、大量のエーテルを蓄積できる。
 もとは衰弱した人のために彩乃の手にって開発された。
 未完成であり、完成させるには彩乃の指示によって詩織が作成した仕様書が必要になる。

魔水晶(ますいしょう)

 エーテルポットを小型化したブラックオニキスのようなブローチ型のバッテリー。
 メイヴがエーテルポットを軽量化して作った携帯用エーテルバッテリー。
 人間界で妖精が大量のエーテルを使用し続けることができるように開発された。
 エーテルリバティの素材を嫌う作りとなっている。

エーテルリバティ(えーてるりばてぃ)

 飴玉ほどの大きさの宝石。
 魔水晶に打ち込むことで簡単に破壊できるだけではなく、魔水晶に奪われたエーテルを持ち主のところまで届けてくれる追跡プログラムがほどこされている。
 開発元は真菓龍社。

ハートプレート(はーとぷれーと)

 胸ポケットや内側ポケットに入れておく薄型のプレート。
 ナイフや銃弾などから心臓を守ってくれる。
 死にたくないという恐怖から装備するものでもある。

防弾コルセット(ぼうだんこるせっと)

 腹、腰まわりを保護するコルセット。軽量かつ薄型なのでそれほど邪魔にならないが、動作が若干鈍る。
 死にたくないという恐怖から装備するものでもある。

ガトリングザッパー(がとりんぐざっぱー)

 フェアリーフォースが使用する、細かいザッパーを連射できる自動小銃。
 エーテルを大量に消費するため、人間界での長い使用ができない。もし使用する場合は、実弾銃でフォローすること。

お茶漬け(おちゃづけ)

 ごはんにお茶をかけて、サラサラとかき込むとHP回復する。
 塩っ辛いものと一緒に食べると、いちいち美味しい。
 箸ですくってチマチマ食べるのはNG。
 京都の人はこれを食べないと、翌日はHPが1の状態で生活しなければならない。よって毒の沼地に一歩入っただけでダウンしてしまう。

セクハラ(せくはら)

 何をどう間違えたのか、そういう名前のアイスがあるらしい。
 御殿がすごく食べたがっているが、本当にあるかは定かでない。

フルーツ牛乳(ふるーつぎゅうにゅう)

 フルーツ風味のあま~い牛乳。
 風呂上りに飲むとHP10%回復。
 同時にななめ45度に腰に手を当てて一気に飲むとHP30%回復。
 さらに飲み終わった後、「ぷはああああ! うめえええええ!」と笑顔で喜ぶとHPMP全回復。